無線通信装置及びその制御方法

開放特許情報番号
L2019001890
開放特許情報登録日
2019/10/25
最新更新日
2019/10/25

基本情報

出願番号 特願2015-080255
出願日 2015/4/9
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-201658
公開日 2016/12/1
登録番号 特許第6539090号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 無線通信装置及びその制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 無線通信技術
目的 変調方式を適応的に変更する無線通信装置及びその制御方法を提供する。
効果 様々な使用環境に対し、双方向に無線通信に係る通信の信頼性を高めることができる。
技術概要
変調方式を適応的に変更する無線通信装置であって、
複数種の変調方式のうち1つを選択して変調信号を生成し無線通信により通信先装置に送信する変調・送信手段と、前記通信先装置から無線通信により送信された変調信号を受信して復調する受信・復調手段と、前記無線通信に係る経時的に計測された1以上の品質情報に応じて、使用する変調方式を適応的に変更判定し決定する変調方式変更判定手段とを備え、
前記変調方式変更判定手段は、
前記1以上の品質情報ごとに前記使用する変調方式を決定する際の基準となる閾値を示す閾値テーブルについて保持する閾値テーブル格納手段と、
前記1以上の品質情報に対応する当該閾値テーブル内の閾値に対するマージンを、前記1以上の品質情報が計測される度に前回計測時の品質情報を加味する所定の算出・更新法により調整し更新するマージン調整手段と、
前記マージンを前記1以上の品質情報に対応する当該閾値テーブル内の閾値に加算処理して得られる値を新たな閾値として、新たに得られた当該1以上の品質情報の値から当該使用する変調方式を決定する変調方式決定手段と、を備える無線通信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT