予測符号化判定装置、符号化装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2019001883
開放特許情報登録日
2019/10/21
最新更新日
2019/10/21

基本情報

出願番号 特願2015-050991
出願日 2015/3/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-171510
公開日 2016/9/23
登録番号 特許第6496166号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 予測符号化判定装置、符号化装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 予測符号化判定装置、符号化装置、及びプログラム
目的 符号化対象フレームがインター予測を行うのに適しているか否かを判定することが可能な予測符号化判定装置、符号化装置、及びプログラムを提供する。
効果 インター予測の難度を判定して符号化対象フレームがインター予測を行うのに適しているかイントラ予測を行うのに適しているかを判定することができる。また、本発明の符号化装置によれば、インター予測の難度に応じてインター予測とイントラ予測とを切り替えることにより、動きがランダムな映像の符号化画質を向上させることが可能となる。
技術概要
映像を入力して、符号化対象フレームと参照フレームとの間の動きベクトルを生成する動き推定部と、
前記動きベクトルから、前記符号化対象フレームのインター予測の難度を算出するインター予測難度測定部と、
前記インター予測の難度から、前記符号化対象フレームがインター予測を行うのに適しているかイントラ予測を行うのに適しているかを判定するインター/イントラ予測判定部と、
を備え、
前記動き推定部は、SURF特徴量のマッチングを行うことにより前記動きベクトルを生成することを特徴とする予測符号化判定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT