位置検出装置、及び位置検出システム

開放特許情報番号
L2019001848
開放特許情報登録日
2019/10/18
最新更新日
2019/10/18

基本情報

出願番号 特願2017-236177
出願日 2017/12/8
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2019-105449
公開日 2019/6/27
発明の名称 位置検出装置、及び位置検出システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 位置検出装置、及び位置検出システム
目的 誤差の最小化を図る演算手法における初期値が不明な場合であっても、誤差の最小化を図る演算手法によって電波の発信源の位置を精度よく検出することができる位置検出装置、及び位置検出システムを提供する。
効果 誤差の最小化を図る演算手法における初期値が不明な場合であっても、誤差の最小化を図る演算手法によって電波の発信源の位置を精度よく検出することができる位置検出装置、及び位置検出システムを提供することができる。
技術概要
誤差の最小化を図る演算手法によって電波の発信源の位置を検出する位置検出装置であって、
1つ以上の飛行体が前記電波を受信する受信位置であって互いに異なる複数の前記受信位置において受信した前記電波のドップラーシフトに応じて前記電波の発信源の位置の候補であって前記演算手法における初期値として用いる位置の候補である位置候補を複数検出し、検出した前記複数の前記位置候補に基づいて、前記初期値を特定する、
位置検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT