カラーバー生成装置および表示システム

開放特許情報番号
L2019001835
開放特許情報登録日
2019/10/16
最新更新日
2019/10/30

基本情報

出願番号 特願2014-211808
出願日 2014/10/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-082388
公開日 2016/5/16
登録番号 特許第6482232号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 カラーバー生成装置および表示システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 カラーバー生成装置および表示システム
目的 より狭い色域の表色系に色域変換して得られたカラーバーを、その表色系で表される既存のカラーバーに信号レベルで一致させることができるカラーバー生成装置および表示システムを提供する。
効果 より狭い色域の表色系に色域変換して得られたカラーバーを、その表色系で表される既存のカラーバーに信号レベルで一致させることができる。
技術概要
第1の表色系における第1の色として原色および前記原色の補色を示す第1の信号値と、第2の表色系における第2の色として原色および前記原色の補色を示す第2の信号値とを記憶した記憶部と、
第1の帯領域と、第2の帯領域と、を有するカラーバーを示すカラーバー信号を生成する生成部と、
を備え、
前記第2の表色系は、前記第1の表色系よりも色域が狭く、
前記第1の帯領域は、前記第1の色ごとの第1の棒領域が水平方向に隣接して構成され、
前記第2の帯領域は、前記第2の色ごとの第2の棒領域が水平方向に隣接して構成され、
前記第2の棒領域のそれぞれの前記第2の色は、当該第2の棒領域のそれぞれ垂直方向に隣接して配置された前記第1の棒領域の前記第1の色の補色に相当する色である
ことを特徴とするカラーバー生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT