携帯バッグ

開放特許情報番号
L2019001817
開放特許情報登録日
2019/10/14
最新更新日
2019/10/14

基本情報

出願番号 特願2007-047942
出願日 2007/2/27
出願人 福井県
公開番号 特開2008-206840
公開日 2008/9/11
登録番号 特許第5103652号
特許権者 福井県
発明の名称 携帯バッグ
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 折り畳んでコンパクト化できる携帯バッグ
目的 バッグ本体と一体化した持ち手体を利用して折り畳まれた状態を維持でき、また、布地を重ね合わせて形成したバッグ本体にプリーツ加工を一様に施すことにより前記バッグ本体を簡単かつ迅速に折り畳むことができる携帯バッグの提供。
効果 布地を重ね合わせ、一方が開放されるように周辺部を縫合して形成されたバッグ本体と、バッグ本体の開口辺部から前記布地を、一定巾をもって重ね合うように突出させて先端部を縫合した持ち手体にプリーツ加工を一様に施すことにより、プリーツの折り目を利用してバッグ本体および持ち手体を簡単かつ迅速にジグザク状に折り畳むことができ、折り畳みの手間を省くことができる。プリーツは折り畳みを促進するだけでなく、意匠的にも美観を与える効果を持つ。
技術概要
布地を重ね合わせ一方が開放されるように周辺部を縫合して形成されるバッグ本体と、前記バッグ本体の前面部と背面部それぞれの開口辺部から上方に相対するように一定巾をもって突出させ、その先端部を縫合して形成される持ち手体とで構成され、前記持ち手体は折り畳まれた状態の前記バッグ本体を収納可能な形状を有し、収納した状態を維持する留め具を備えており、前記バッグ本体及び前記持ち手体は、前記持ち手体の突出方向とほぼ直交する方向にジグザグに折り畳まれた状態となるようにプリーツ加工が一様に施されていることを特徴とする携帯バッグ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT