擬似等方補強シート材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2019001798
開放特許情報登録日
2019/10/14
最新更新日
2020/2/26

基本情報

出願番号 特願2015-126500
出願日 2015/6/24
出願人 福井県
公開番号 特開2016-027956
公開日 2016/2/25
登録番号 特許第6638131号
特許権者 福井県
発明の名称 擬似等方補強シート材及びその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 擬似等方補強シート材及びその製造方法
目的 薄層のチョップドセミプリプレグシート材を用いて成形時における良好な流動性を実現する擬似等方補強シート材及びその製造方法の提供。
効果 薄層のチョップドセミプリプレグシート材を用いて成形時における良好な柔軟性及び流動性を実現することができ、優れた力学的特性を有する成形材を得ることが可能となる。
技術概要
強化繊維材料及び熱可塑性樹脂材料からなるとともに熱可塑性樹脂材料が未含浸状態に設定されている複数のチョップドセミプリプレグシート材を一体化して実質的に形成されている擬似等方補強シート材であって、前記チョップドセミプリプレグシート材は、厚さ方向の平均繊維本数が2本〜10本の範囲に設定されているとともに厚さtが含浸状態における厚さtpに対してtp<t≦2×tpの範囲に設定されており、複数の前記チョップドセミプリプレグシート材を前記強化繊維材料の繊維方向が二次元方向にランダムに配向するとともに厚さ方向の平均枚数が2枚〜10枚の範囲となるように重ね合せた状態で接着一体化された層状体を備えている擬似等方補強シート材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT