縦まくらぎ構造、車両用軌道及び縦まくらぎ構造の施工方法

開放特許情報番号
L2019001771
開放特許情報登録日
2019/10/9
最新更新日
2019/10/9

基本情報

出願番号 特願2017-131906
出願日 2017/7/5
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-015059
公開日 2019/1/31
発明の名称 縦まくらぎ構造、車両用軌道及び縦まくらぎ構造の施工方法
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 縦まくらぎ構造、車両用軌道及び縦まくらぎ構造の施工方法
目的 縦梁の沈下の防止効果に優れ、かつ外観の見栄えも良好に保つことを可能とする。
効果 縦梁の沈下の防止効果に優れ、かつ外観の見栄えも良好に保つことが可能となる。
技術概要
一対のレールの下側に該レールの長手方向に沿ってそれぞれ設けられた一対の縦梁と、
前記長手方向に沿って間隔をおいて設けられて前記一対の縦梁を連結する継材と、を有する縦まくらぎ本体、及び、
前記一対の縦梁の少なくとも長手方向の両端側を連結する閉合部材を備え、
前記閉合部材は、前記縦まくらぎ本体に対して着脱自在に設けられていることを特徴とする縦まくらぎ構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT