縦まくらぎ構造及び車両用軌道

開放特許情報番号
L2019001766
開放特許情報登録日
2019/10/9
最新更新日
2019/10/9

基本情報

出願番号 特願2017-136109
出願日 2017/7/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-019467
公開日 2019/2/7
発明の名称 縦まくらぎ構造及び車両用軌道
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 縦まくらぎ構造及び車両用軌道
目的 施工作業や保守作業などを容易に行うことができ、作業者の負担を低減して、作業効率を向上させる。
効果 施工作業や保守作業などを容易に行うことができ、作業者の負担を低減して、作業効率を向上させることができる。
技術概要
一対のレールの下側に該レールの長手方向に沿ってそれぞれ設けられた一対の縦梁と、
前記長手方向に沿って間隔をおいて設けられて前記一対の縦梁を連結する継材と、前記一対の縦梁の下面側に設けられた防振部材と、を備える縦まくらぎ構造であって、
前記一対の縦梁には、所望の装置又は部材が着脱自在に取付けられる取付片が、互いの対向側に突出して設けられていることを特徴とする縦まくらぎ構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT