鉄道橋の動的応答低減対策構造

開放特許情報番号
L2019001747
開放特許情報登録日
2019/10/7
最新更新日
2019/10/7

基本情報

出願番号 特願2017-182322
出願日 2017/9/22
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-056274
公開日 2019/4/11
発明の名称 鉄道橋の動的応答低減対策構造
技術分野 土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 鉄道橋の桁の動的応答を低減するための構造
目的 大きな占有空間を必要とせず、列車走行時の桁の共振を防止/抑止することを可能にする鉄道橋の動的応答低減対策構造を提供する。
効果 効果的に列車走行時の桁の動的応答、すなわち、桁の共振の発生を防止でき、桁のたわみを効果的に抑えることが可能になる。
技術概要
列車走行に伴う鉄道橋の桁の共振を防止するための鉄道橋の動的応答低減対策構造であって、
列車走行時の加振振動数に応じた固有振動数を有する動吸振体を前記桁に一体に取り付けて構成されていることを特徴とする鉄道橋の動的応答低減対策構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT