光ファイバ、光ファイバケーブル、及び光ファイバ接続方法

開放特許情報番号
L2019001703
開放特許情報登録日
2019/9/27
最新更新日
2019/9/27

基本情報

出願番号 特願2015-205117
出願日 2015/10/16
出願人 国立大学法人茨城大学
公開番号 特開2017-076097
公開日 2017/4/20
発明の名称 光ファイバ、光ファイバケーブル、及び光ファイバ接続方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 光ファイバ、光ファイバケーブル、及び光ファイバ接続方法に関し、特にフォトニック結晶ファイバ
目的 マルチモードを伝搬可能であって接続損失及び結合損失を低減した光ファイバ、光ファイバケーブル、及び光ファイバ接続方法を提供する。
効果 マルチモードを伝搬可能であって接続損失及び結合損失を低減した光ファイバ、光ファイバケーブル、及び光ファイバ接続方法を提供することができる。
技術概要
コア領域と、前記コア領域を覆うクラッド領域と、を有する光ファイバであって、
前記クラッド領域には複数の空孔が形成され、
前記複数の空孔の直径は、前記コア領域から光ファイバの径方向外方に向かうにつれて拡径することを特徴とする光ファイバ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT