電気車用電力変換装置

開放特許情報番号
L2019001616
開放特許情報登録日
2019/9/18
最新更新日
2019/9/18

基本情報

出願番号 特願2017-248676
出願日 2017/12/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-115223
公開日 2019/7/11
発明の名称 電気車用電力変換装置
技術分野 輸送、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電気車用電力変換装置
目的 電気車用電力変換装置において、電力及びスペースに関する鉄道特有の制約条件の中で、鉄道信号装置等に影響を及ぼすおそれがある鉄道特有の高い周波数を有するコモンモード電流の発生を効果的に抑制する電気車用電力変換装置を提供する。
効果 電気車用電力変換装置において、電力及びスペースに関する鉄道特有の制約条件の中で、鉄道信号装置等に影響を及ぼすおそれがある鉄道特有の高い周波数を有するコモンモード電流の発生を効果的に抑制することができる。
技術概要
直流電力又は第1交流電力を複数相の第2交流電力に変換し、変換された前記第2交流電力を、電気車を駆動する第1電動機に供給する電力変換部と、
前記電力変換部と前記第1電動機との間に設けられる第1インピーダンス要素と、
を備え、
前記第1インピーダンス要素は、
第1磁性体よりなり、且つ、第1孔部が形成されたリング形状を有する第1コア部と、
前記第1孔部を通して前記第1コア部に巻回され、且つ、第1端部と、前記第1端部と反対側の第2端部と、を含む電線と、
前記第1端部に接続された第3端部と、前記第2端部に接続され、且つ、前記第3端部と反対側の第4端部と、を含む第1コンデンサと、
を有し、
前記第1電動機は、前記第2交流電力の相数と同数の複数の第1導体により前記電力変換部に接続され、
前記複数の第1導体は、前記第1孔部を貫通する、電気車用電力変換装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT