プログラム及び配置位置決定支援装置

開放特許情報番号
L2019001614
開放特許情報登録日
2019/9/18
最新更新日
2019/9/18

基本情報

出願番号 特願2017-251317
出願日 2017/12/27
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-118030
公開日 2019/7/18
発明の名称 プログラム及び配置位置決定支援装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 ワイヤレスセンサネットワークにおける中継装置の配置位置の決定を支援する配置位置決定支援装置等
目的 ワイヤレスセンサネットワークにおける中継装置の適切な配置位置の決定を支援できるようにする。
効果 無線通信に影響を与える障害範囲11を考慮した、ワイヤレスセンサネットワーク1における中継装置5の適切な配置位置の決定を支援することができる。
技術概要
コンピュータに、センサノード、中継装置及び集約装置(以下包括して「ノード」という)のうちのセンサノード及び集約装置の配置位置が与えられたワイヤレスセンサネットワーク(以下「WSN」という)における中継装置の配置位置の決定を支援させるためのプログラムであって、
前記ノード間を直接無線通信する場合の直接波の障害となり得る障害範囲を設定する障害範囲設定手段、
配置数別に前記中継装置の配置位置の組み合わせである解候補を設定する解候補設定手段、
前記解候補を適用した前記WSNについて、各センサノードから集約装置まで、ノード間の距離が所与の無線通信可能距離以下であり、且つ、ノード間の見通し線と前記障害範囲とが重ならないノードを辿るようにして通信経路を構築できる到達可能条件を満たすか否かを判定する判定手段を有し、当該判定手段により満たすと判定され、且つ、前記中継装置の配置数が最小となる前記解候補を探索する探索手段、
として前記コンピュータを機能させたプログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT