軸方向鉄筋の曲げ内半径低減部材、その曲げ内半径低減方法及び鉄筋コンクリート構造物

開放特許情報番号
L2019001610
開放特許情報登録日
2019/9/18
最新更新日
2019/9/18

基本情報

出願番号 特願2018-008524
出願日 2018/1/23
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2019-127709
公開日 2019/8/1
発明の名称 軸方向鉄筋の曲げ内半径低減部材、その曲げ内半径低減方法及び鉄筋コンクリート構造物
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 軸方向鉄筋の曲げ内半径低減部材、その曲げ内半径低減方法及び鉄筋コンクリート構造物
目的 軸方向鉄筋の直角フックにおける曲げ内側に曲げ内半径低減部材を取り付けることによって、支圧力を集中させることなく直角フックの曲げ内半径を小さくすることができ、鉄筋組立の作業性が向上し、コンクリート打設の施工性が向上し、鉄筋コンクリートの変形性能が向上する軸方向鉄筋の曲げ内半径低減部材、その曲げ内半径低減方法及び鉄筋コンクリート構造物を提供する。
効果 支圧力を集中させることなく直角フックの曲げ内半径を小さくすることができるので、鉄筋組立の作業性を向上させ、コンクリート打設の施工性を向上させ、鉄筋コンクリートの変形性能を向上させることができる。
技術概要
低剛性材料から成り、
コンクリートに埋め込まれる軸方向鉄筋の直角フックにおける曲げ内側に取り付けられることを特徴とする軸方向鉄筋の曲げ内半径低減部材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT