粒子線治療装置及び粒子線治療時の被曝位置測定方法

開放特許情報番号
L2019001604
開放特許情報登録日
2019/9/11
最新更新日
2019/9/11

基本情報

出願番号 特願2017-220538
出願日 2017/11/16
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 特開2019-088597
公開日 2019/6/13
発明の名称 粒子線治療装置及び粒子線治療時の被曝位置測定方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 粒子線治療装置及び粒子線治療時の被曝位置測定方法
目的 がん患者の奥行き方向の最大被爆位置を正確に、短時間で測定することができる加速器ビームがん治療装置及び加速器ビームがん治療方法を提供する。
効果 粒子線治療装置及び粒子線治療時の被曝位置測定方法において、がん患者における奥行き方向の最大被爆位置を正確に、短時間で測定することができる。
技術概要
生体に粒子線を照射する粒子線照射装置と、前記生体内で発生した高エネルギーγ線の発生位置を測定する高エネルギーγ線発生位置測定器と、前記高エネルギーγ線発生位置測定器により測定した高エネルギー発生位置測定器により測定したγ線の発生位置に基づき、前記生体内の被曝線量分布を算出する被曝線量分布算出部を有する粒子線治療装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT