揮発性有機物回収処理装置及びこれを有する揮発性有機物回収処理システム

開放特許情報番号
L2019001580
開放特許情報登録日
2019/9/9
最新更新日
2019/9/9

基本情報

出願番号 特願2007-320334
出願日 2007/12/12
出願人 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2009-142719
公開日 2009/7/2
登録番号 特許第4851432号
特許権者 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
発明の名称 揮発性有機物回収処理装置及びこれを有する揮発性有機物回収処理システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 揮発性有機物回収処理装置及び回収処理システム
目的 例えば、活性炭、ゼオライト、メソポーラスシリカなどの多孔質吸着剤が持つVOC吸着処理能力の高さと、揮発性有機物吸収材の持つ高いVOC吸収能力を複合するという新たな技術を用いることにより、極めて有用な揮発性有機物回収処理装置及びこの装置を有するシステムを提案する。
効果 交換や再生を頻繁に行う必要があった吸着剤の再生を当該回収処理装置内で行うことができるため、ランニングコストを大幅に抑えることが可能となる。また、当該回収処理装置で用いる揮発性有機物吸収材は、高沸点不活性物質を構成要素に含んでおり、吸収したVOCガスの自然発火を防ぐことができるため、揮発性有機物の回収処理における安全性が極めて高くなる。揮発性有機物回収手段を有しているため、当該回収処理装置内において揮発性有機物吸収材の再生も可能となる。
技術概要
内部に揮発性有機物吸着剤が配設され、導入口から導入する揮発性有機物を含む被浄化ガスを吸着浄化して導出口から外部に導出する揮発性有機物吸着槽と、
内部に揮発性有機物吸収材が配設され、前記揮発性有機物吸着剤に吸着された揮発性有機物を導入して吸収する揮発性有機物吸収槽と、
を備え、
前記揮発性有機物吸着槽と、前記揮発性有機物吸収槽とは、開閉自在な開閉手段を備えた仕切板を介して一体に構成されていることを特徴とする揮発性有機物回収処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT