揮発性有機化合物吸着材とその製造方法、並びに樹皮又はその成型体の利用方法

開放特許情報番号
L2019001577
開放特許情報登録日
2019/9/9
最新更新日
2019/9/9

基本情報

出願番号 特願2009-046676
出願日 2009/2/27
出願人 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2009-226401
公開日 2009/10/8
登録番号 特許第5281926号
特許権者 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
発明の名称 揮発性有機化合物吸着材とその製造方法、並びに樹皮又はその成型体の利用方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 揮発性有機化合物吸着材とその製造方法、並びに樹皮又はその成型体の利用方法
目的 樹皮又はその成型体を有効利用できる新しい技術手段として、揮発性有機化合物を効果的に吸着する揮発性有機化合物吸着材とその製造方法、並びに樹皮又はその成型体の利用方法を提供する。
効果 従来では有効利用が困難であった樹皮又はその樹皮から製造されるバークペレット等の成型体を活用して、揮発性有機化合物を効率よく吸着させることができる。
技術概要
樹皮又はその成型体を炭化及び賦活処理した炭化材料からなる揮発性有機化合物吸着材であって、樹皮又はその成型体が、杉の樹皮廃棄物由来であり、炭化材料の比表面積が400m↑2/g以上あり、炭化材料の表面が、塩酸による洗浄後フッ酸による洗浄を行う二段階の酸洗浄によって疎水化されていることを特徴とする揮発性有機化合物吸着材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT