分離膜の製造方法

開放特許情報番号
L2019001531
開放特許情報登録日
2019/9/4
最新更新日
2019/9/4

基本情報

出願番号 特願2013-016032
出願日 2013/1/30
出願人 国立大学法人神戸大学
公開番号 特開2014-144448
公開日 2014/8/14
登録番号 特許第6004376号
特許権者 国立大学法人神戸大学
発明の名称 分離膜の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 分離膜の製造方法
目的 分離層の構造や機能を容易に制御できる新規な分離膜の製造方法を提供すること。
効果 支持基材上に積層させる正荷電無機粒子と負荷電無機粒子の粒子径や積層数を調整することにより、得られる分離膜の分離性能や透過性能を容易に制御することができる。
技術概要
支持基材を、正荷電無機粒子を含有する溶液と負荷電無機粒子を含有する溶液に交互に浸漬することにより、支持基材上に正荷電無機粒子と負荷電無機粒子を積層させる工程を有し、
前記正荷電無機粒子が、カチオン性安定化剤の存在下で金属イオンを還元させることにより得られるものであり、
前記負荷電無機粒子が、アニオン性安定化剤の存在下で金属イオンを還元させることにより得られるものであることを特徴とする分離膜の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT