車両用スリップ発生補助輪装置

開放特許情報番号
L2019001517
開放特許情報登録日
2019/12/9
最新更新日
2019/12/9

基本情報

出願番号 特願2018-120738
出願日 2018/6/26
出願人 阿部 隆男
登録番号 特許第6504303号
特許権者 阿部 隆男
発明の名称 車両用スリップ発生補助輪装置
技術分野 輸送、情報・通信、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 運転中に意図的にスリップ状態を起こすことが出来る運転訓練車両用スリップ発生補助輪装置
目的 運転中に意図的にスリップ状態を起こすことが出来る運転訓練車両用スリップ発生補助輪装置において、円滑なスリップの発生、補助輪収納の安定性及び一般道路における通常走行の安全性を向上させる。
効果 容易にスリップ状態を実現でき、かつ、適正と思われる条件で、必要なときに、安全にスリップ状態を生じさせることができる。このため、ハンドル操作の教授も確実かつ容易に行なうことができるようになると同時に、わずかな遠心力でも、補助輪7が揺動するので、運転が未熟な者に対しても、低速状態で容易にスリップ状態を体験させることができる。
技術概要
接地及び接地解除が可能な補助輪を車両に設け、車両に意図的にスリップ状態を起こすことが出来る車両用スリップ発生補助輪装置において、
接地可能な補助輪と、補助輪を輪転可能に軸支する補助輪支持軸を有する補助輪取付けブラケットと、
補助輪取付けブラケットに設けられ回動可能に軸支されて回動により補助輪取付けブラケットを介して補助輪を揺動させることにより車両をスリップさせる回動軸と、
回動軸を軸支する回動軸受けと、
補助輪を車両前進時の車輪の回転と同方向の回転により補助輪を接地させる又は補助輪を車両前進時の車輪の回転と反対方向の回転により補助輪の接地を解除させる回転軸を有し、
回転軸は、補助輪による車両直進時には地面に対して補助輪支持軸の鉛直上になるよう設けられ、
回動軸受けに一端部が固定され、反対端部が回転軸に固定されている回転軸受けブラケットと、
回転軸を回転させ回動軸受けを進退移動させ補助輪を接地位置又は接地解除位置に位置決めする複動型油圧シリンダ装置と、
を備えて構成したことを特徴とする車両用スリップ発生補助輪装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 山口 健

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT