プロシアニジン類の分析方法及び分析システム

開放特許情報番号
L2019001502
開放特許情報登録日
2019/8/28
最新更新日
2019/8/28

基本情報

出願番号 特願2017-193097
出願日 2017/10/2
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2019-066360
公開日 2019/4/25
登録番号 特許第6508741号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 プロシアニジン類の分析方法及び分析システム
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 プロシアニジン類の分析方法及び分析システム
目的 短時間でプロシアニジン類を容易に分析できるプロシアニジン類の分析方法及び分析システムを提供する。
効果 プロシアニジン類の分析方法及び分析システムによれば、短時間でプロシアニジン類を容易に分析することができる。
技術概要
プロシアニジン類を含む試料を、順相高速液体クロマトグラフィーを用いて分離し、検出する分析工程を備え、
前記分析工程において、前記プロシアニジン類を含む試料を、固定相が充填された液体クロマトグラフィーカラム中に導入し、極性非プロトン溶媒から実質的になる移動相A液及び極性プロトン溶媒から実質的になる移動相B液を含む2成分移動相を用いて、段階溶出法で、前記プロシアニジン類を分離し、検出しており、
分析開始から1分間以上2分間以下、前記移動相B液の濃度が前記移動相A液及び前記移動相B液の合計容量に対して5容量%以上9容量%以下となるように前記2成分移動相をカラムに通過させるプロシアニジン類の分析方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT