動体反応確認システム

開放特許情報番号
L2019001491
開放特許情報登録日
2019/8/26
最新更新日
2019/8/26

基本情報

出願番号 特願2017-213784
出願日 2017/11/6
出願人 学校法人早稲田大学
公開番号 特開2019-083996
公開日 2019/6/6
発明の名称 動体反応確認システム
技術分野 生活・文化
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 動体反応確認システム
目的 使用者の目と身体部位等との協応動作能力の向上に有用となる動体反応確認システムを提供する。
効果 当該合成画像により自身の反応動作の正確性を視認でき、自己の反応動作と理想とする反応動作との差異が分かり易くなり、理想とする反応動作に近づける修正動作を容易に習得可能になる。総じて、使用者の目と身体部位等との協応動作能力の向上に有用になる。
技術概要
所定の動体が経時的に視界内で移動する3次元の動画を使用者に視覚提示し、前記動体が前記動画内の所定位置に到達するタイミングで、前記使用者が反応して所定の身体部位や器具を動作させたときに、これらの反応動作の正確性を確認するための動体反応確認システムであって、
前記使用者が実際に行った前記反応動作である実動作に対応する動作情報を検出する検出手段と、当該検出手段での検出結果に基づいて、前記動体に対する理想の前記反応動作である理想動作と前記実動作の差異を前記使用者にフィードバックするフィードバック手段とを備えたことを特徴とする動体反応確認システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本件は、『早稲田大学技術シーズ集(問合NO.1992)』に掲載されている案件です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT