アポトーシス誘導剤

開放特許情報番号
L2019001468
開放特許情報登録日
2019/8/23
最新更新日
2019/8/23

基本情報

出願番号 特願2011-073353
出願日 2011/3/29
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2012-206975
公開日 2012/10/25
登録番号 特許第5794521号
特許権者 国立大学法人福井大学
発明の名称 アポトーシス誘導剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アポトーシス誘導剤
目的 内照射治療によって細胞増殖性の疾患を治療するために有用な、アポトーシスを誘発する放射性薬剤を提供する。
効果 新たなアポトーシス誘導剤が提供される。また本発明の化合物を含むアポトーシス誘導剤は、細胞増殖性の疾患に対する治療薬としても用いることが可能である。
技術概要
放射性臭素標識5-ブロモ-4’-チオ-2’-デオキシウリジンまたは式(I)で表される化合物を含んでなる、アポトーシス誘導剤であって、放射性臭素が、↑77Brであるアポトーシス誘導剤:
(式中、R↓1は水素又はC↓(1-6)アルキル基を示し、R↓2およびR↓3は、それぞれ独立して水素、ヒドロキシルまたはハロゲン置換基、↑*Brは↑77Brを示す)。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT