融雪機能付き屋根

開放特許情報番号
L2019001459
開放特許情報登録日
2019/8/20
最新更新日
2019/8/20

基本情報

出願番号 特願2014-049829
出願日 2014/3/13
出願人 東日本旅客鉄道株式会社
公開番号 特開2015-175101
公開日 2015/10/5
登録番号 特許第6322003号
特許権者 東日本旅客鉄道株式会社
発明の名称 融雪機能付き屋根
技術分野 土木・建築
機能 その他
適用製品 折板屋根
目的 ヒートポンプ等と組み合わせることにより、電気代を抑えた安価な融雪機能付き屋根を提供する。
効果 折板屋根において、効率よく温水等を循環させる融雪パイプを敷設でき、ヒートポンプ等と組み合わせることにより、電気代を抑えた融雪が可能となる。
技術概要
折板屋根構造の上側屋根部と下側屋根部の間に発泡系断熱材を敷設し、当該発泡系断熱材の溝部に温水等が循環する融雪パイプを設ける。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT