フッ素アパタイトの製造方法

開放特許情報番号
L2019001413
開放特許情報登録日
2019/8/16
最新更新日
2019/8/16

基本情報

出願番号 特願2008-263687
出願日 2008/10/10
出願人 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2010-089040
公開日 2010/4/22
登録番号 特許第5147633号
特許権者 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
発明の名称 フッ素アパタイトの製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 フッ素アパタイトの製造方法
目的 高い活性の可視光応答型光触媒が得られるように、ヒドロキシアパタイト粉体からフッ素アパタイトを製造する。
効果 ヒドロキシアパタイト粉体とフッ素含有化合物との共粉砕により、ヒドロキシアパタイト粉体からフッ素アパタイトを製造することができるので、例えばチタニアをさらに共粉砕すれば、高い活性の可視光応答型光触媒を得ることができる。
技術概要
ヒドロキシアパタイト粉体をフッ素含有化合物と共粉砕するフッ素アパタイトの製造方法であって、
前記ヒドロキシアパタイト粉体として天然骨を焼成して得られたアパタイトを用いることを特徴とするフッ素アパタイトの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT