皮革または革製品

開放特許情報番号
L2019001401
開放特許情報登録日
2019/8/16
最新更新日
2019/8/16

基本情報

出願番号 特願2009-096262
出願日 2009/4/10
出願人 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2010-248085
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第5350866号
特許権者 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
発明の名称 皮革または革製品
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 皮革または革製品
目的 環境や人体にやさしく安全性がより高い天然物系の防かび剤が適用された皮革または皮革品を提供する。
効果 皮革または革製品に塗布することにより、皮革および革製品の表面に付着したおもに環境由来のかび胞子の発芽を抑制し、かびの発生を防止もしくは低減化できる。環境や人体に対して悪影響を及ぼすおそれがある従来の重金属類や有機塩素化合物類を含む防かび剤とは異なり、有効成分として天然物を用いているため、環境や人体に与える影響が小さく安全性が高い。
技術概要
イペ(Tabebuia spp.)材のアルコール抽出物を有効成分として含有する黒こうじかび(Aspergillus niger van Tieghem NBRC6341)生長抑制剤としての防かび剤が表面に塗布されている皮革または革製品であって、前記アルコール抽出物が2.0mg/cm↑2以上の濃度で塗布されていることを特徴とする皮革または革製品。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT