分離膜及び分離方法

開放特許情報番号
L2019001384
開放特許情報登録日
2019/8/12
最新更新日
2019/8/12

基本情報

出願番号 特願2017-049438
出願日 2017/3/15
出願人 学校法人 芝浦工業大学
公開番号 特開2017-170435
公開日 2017/9/28
発明の名称 分離膜及び分離方法
技術分野 機械・加工、金属材料、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 分離膜を用いた分離方法
目的 高い水素透過性及び透水性を有する分離膜を提供する。
分離膜を用いた物質の分離方法を提供する。
効果 高い水素透過性及び高い透水性を有することにより、様々な目的の分離膜として有用である。
技術概要
多孔質基材と、前記多孔質基材の細孔中に形成された緻密層とから構成される分離膜であって、前記緻密層中に窒素が含有されている、分離膜。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT