蛍光性官能基を有する分子インプリントナノ粒子

開放特許情報番号
L2019001381
開放特許情報登録日
2019/8/12
最新更新日
2019/8/12

基本情報

出願番号 特願2018-024771
出願日 2018/2/15
出願人 学校法人 芝浦工業大学
公開番号 特開2018-132527
公開日 2018/8/23
発明の名称 蛍光性官能基を有する分子インプリントナノ粒子
技術分野 情報・通信、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 分子インプリントナノ粒子を用いた測定方法
目的 測定物質を認識して蛍光強度が増大するようなナノ粒子を提供する。
効果 測定物質を認識することにより蛍光強度が増大することから、測定物質をモニタリングするためのプローブとして有用である。
技術概要
蛍光性官能基を有する分子インプリント高分子からなるナノ粒子であって、測定物質が存在しない状態では自己消光し、測定物質が存在する状態では蛍光強度が増大する、ナノ粒子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT