電車線金具検出システム及びその検出方法

開放特許情報番号
L2019001372
開放特許情報登録日
2019/8/9
最新更新日
2019/8/9

基本情報

出願番号 特願2017-008582
出願日 2017/1/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-114935
公開日 2018/7/26
発明の名称 電車線金具検出システム及びその検出方法
技術分野 輸送、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 電車線金具検出システム及びその検出方法
目的 軌道を走行する車両から撮影した画像から電車線金具を検出する方法において、精度よく電車線金具の種類を特定して各種類の電車線金具についての検査画像を得ることのできる電車線金具検出システム及び電車線金具検出方法の提供。
効果 電車線金具の種類毎にテンプレート画像を複数用意しており、電車線金具の種類を精度よく特定できて、各種類の電車線金具についての検査画像を得ることができる。
一連の画像にある電車線金具の像に近い形状をテンプレート画像に得て、精度よく電車線金具の種類を特定できる。
電車線金具の検出精度を向上させ得る。
技術概要
軌道上を走行する鉄道車両に固定されたカメラによって少なくとも電車線に沿ってこれを略側方から見た一連の画像を取得し該画像にある電車線金具の位置及び種類を特定し該一連の画像から検査画像を得るための電車線金具検出システムであって、
前記一連の画像について前記軌道に沿った方向の所定の長さごとに分割し基準位置からのキロ程に対応させた分割画像を記録する分割画像記録部と、
前記電車線金具のテンプレート画像を記録するテンプレート画像記録部と、
前記分割画像記録部から前記分割画像を順次読み出し、前記分割画像のそれぞれについて前記テンプレート画像記録部の前記テンプレート画像で順次画像マッチングを行ってマッチングスコアを得ていくスコアリング処理部と、
所定値以上の前記マッチングスコアの前記分割画像及び前記テンプレート画像を特定する判定処理部と、を含み、
前記テンプレート画像は、前記電車線金具の1つの種類に対して少なくとも複数用意されることを特徴とする電車線金具検出システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT