アンカー評価方法、アンカー評価装置、プログラム、記録媒体

開放特許情報番号
L2019001371
開放特許情報登録日
2019/8/9
最新更新日
2019/8/9

基本情報

出願番号 特願2017-005261
出願日 2017/1/16
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-115429
公開日 2018/7/26
発明の名称 アンカー評価方法、アンカー評価装置、プログラム、記録媒体
技術分野 土木・建築
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 アンカー評価方法
目的 グラウンドアンカーの破断過程を考慮し、その補強効果を簡易且つ合理的に評価するアンカー評価方法等を提供する。
効果 グラウンドアンカーの破断過程を考慮し、その補強効果を簡易且つ合理的に評価するアンカー評価方法等を提供することができる。
技術概要
グラウンドアンカーを設けた地盤に関し、有限要素法を用いてグラウンドアンカーが破断する際の水平震度を算出する工程(a)と、
ニューマーク法を用いて、所定の地震動が生じた際の地盤の残留変位量を、前記地震動が地盤が滑動し始める降伏震度以上となった時の変位を累積することで算出する工程(b)と、
を有し、
前記工程(b)において、前記地震動が前記水平震度に達した際に、前記降伏震度を低下させることを特徴とするアンカー評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT