レーザ測定装置

開放特許情報番号
L2019001367
開放特許情報登録日
2019/8/9
最新更新日
2019/8/9

基本情報

出願番号 特願2017-018240
出願日 2017/2/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-124226
公開日 2018/8/9
発明の名称 レーザ測定装置
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 レーザ測定装置
目的 測定対象に反射材を設置することなく精度よく測定することが可能となるレーザ測定装置を提供する。
効果 測定対象の中から反射率が高くなる測定に適した箇所を見つけ出すことができるようになり、反射材を設置しなくても精度よくレーザ光による測定が行えるようになる。
技術概要
測定対象に向けてレーザ光を出射し、反射されてきたレーザ光を受光することで測定を行うレーザ測定装置であって、
前記レーザ光の照射部及び前記測定対象で反射された前記レーザ光の検出を行う検出部を有する測定ユニットと、
前記測定ユニットの視準方向を変動させる可動部と、
前記可動部によって前記測定ユニットを変動させた複数方向において、前記検出部によって検出された前記レーザ光の強度とともに関連する位置情報を記憶させる測定候補記憶部と、
前記測定候補記憶部に記憶された前記レーザ光の強度に基づいて前記測定ユニットによる測定を行わせる測定制御部とを備えたことを特徴とするレーザ測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT