受圧板、地盤補強構造及び地盤補強方法

開放特許情報番号
L2019001358
開放特許情報登録日
2019/8/9
最新更新日
2019/8/9

基本情報

出願番号 特願2017-024584
出願日 2017/2/14
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-131755
公開日 2018/8/23
発明の名称 受圧板、地盤補強構造及び地盤補強方法
技術分野 土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 受圧板、地盤補強構造及び地盤補強方法
目的 排水機能を十分に発揮することができ、地表面から排出された水分が再び地表面に流れ込むことがない受圧板、並びに、該受圧板を使用する地盤補強構造及び地盤補強方法を提供する。
効果 排水機能を十分に発揮することができ、地表面から排出された水分が再び地表面に流れ込むことが防止される。
技術概要
少なくとも先端が地盤内に挿入される棒状補強材の基端に装着される受圧板であって、
前記地盤の地表面に対向する背面及び該背面の反対側の表面と、
水平方向に延在する複数の横梁部とを備え、
該横梁部の各々は、前記背面及び表面が鉛直方向に延在するとき、その表面側の端が背面側の端よりも低くなるように、前記背面及び表面に対して傾斜していることを特徴とする受圧板。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT