アクティブロードプル測定システム

開放特許情報番号
L2019001353
開放特許情報登録日
2019/8/6
最新更新日
2019/8/6

基本情報

出願番号 特願2018-230466
出願日 2018/12/8
出願人 学校法人 龍谷大学
公開番号 特開2019-105636
公開日 2019/6/27
発明の名称 アクティブロードプル測定システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 アクティブロードプル測定
目的 測定できる反射係数Γ↓Lの領域が限定されることをなくすことができ、また、反射係数Γ↓Lが大きな領域で反射係数Γ↓Lが1を超えないようにしつつ安定的に測定でき、また、システムとして簡素化及び低コスト化が可能なアクティブロードプル測定システムを提供する。
効果 測定できる反射係数Γ↓Lの領域が限定されることをなくすことができ、また、反射係数Γ↓Lが大きな領域で反射係数Γ↓Lが1を超えないようにしつつ安定的に測定でき、また、システムとして簡素化及び低コスト化が可能である。
技術概要
外部信号源からの信号の振幅と位相を制御する開ループ回路部と、
被測定デバイスの出力信号から抽出した信号の振幅と位相を制御する閉ループ回路部と、
を備え、
前記開ループ回路部の出力と前記閉ループ回路部の出力を合成して擬似反射波を生成し前記被測定デバイスに注入することを特徴とするアクティブロードプル測定システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人龍谷大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT