受信機および放送局設備

開放特許情報番号
L2019001312
開放特許情報登録日
2019/7/31
最新更新日
2019/7/31

基本情報

出願番号 特願2018-203109
出願日 2014/10/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2019-047507
公開日 2019/3/22
登録番号 特許第6465532号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 受信機および放送局設備
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 受信機および放送局設備
目的 アプリケーションからの出力や電子番組表等が画面上に表示されていても、緊急情報を含んだ映像が、確実に受信機の画面に表示できるように放送局側から強制的に画面を切り替えられること。
効果 緊急情報(ニュース等)が発生した際に、アプリケーションからの表示を出力している状況においても、そのアプリケーションからの表示を終了させて、緊急情報による映像(および音声)を視聴者に視聴させることができる。放送局側からは、重要な緊急情報を視聴させることの確実性が増す。
技術概要
マルチメディアデコーダー部と、
アプリケーション実行部と、
アプリケーション制御部と、
映像合成部と、
映像出力部と、
レイアウト制御部と、
番組表データ取得部と、
を具備し、
映像合成部は、番組表データ取得部から出力される番組表を合成するものであり、
レイアウト制御部は、映像が緊急情報であることを示している場合には、番組表データ取得部からの出力を中止させるよう指示するものであり、
緊急指示情報は、PA(Package Access)メッセージ内に格納される、
ことを特徴とする受信機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT