鉄道車両の車両下部の空力音低減構造

開放特許情報番号
L2019001260
開放特許情報登録日
2019/7/29
最新更新日
2019/7/29

基本情報

出願番号 特願2017-062630
出願日 2017/3/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-165083
公開日 2018/10/25
発明の名称 鉄道車両の車両下部の空力音低減構造
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両空力音の低減構造
目的 台車格納用空間の上流域における流速自体を低減することで車両下部音の空力音成分を低減させて鉄道車両空力音の低減効果を発揮することができる鉄道車両空力音の低減構造を提供する。
効果 台車格納用空間に対して進行方向に沿って上流側に離間した位置に所定の深さに形成されたキャビティ部が形成されるので、キャビティ部での流れの抵抗を誘起し、当該抵抗によってキャビティより下流に位置する台車格納用空間に流れ込む流速を低減させて、台車格納用空間で発生する空力音の低減を図ることができる。
技術概要
台車を格納するために車両の底部に形成された台車格納用空間において発生する空力音を低減する鉄道車両空力音の低減構造において、
前記車両の底部には、前記台車格納用空間に対して進行方向に沿って上流側に離間した位置に所定の深さに形成されたキャビティ部が形成されることを特徴とする鉄道車両空力音の低減構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT