防食構造及び防食方法

開放特許情報番号
L2019001257
開放特許情報登録日
2019/7/29
最新更新日
2019/7/29

基本情報

出願番号 特願2017-078780
出願日 2017/4/12
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2018-178186
公開日 2018/11/15
発明の名称 防食構造及び防食方法
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 防食構造及び防食方法
目的 締結部材の腐食を簡単な構造によって防止することができる防食構造及び防食方法を提供するとともに、防食対象部の腐食を簡単な構造によって防止することができる防食構造及び防食方法を提供する。
効果 締結部材の腐食を簡単な構造によって防止することができるとともに、防食対象部の腐食を簡単な構造によって防止することができる。
技術概要
締結部材を被覆する被覆部材をこの締結部材によって締結される被締結部材に装着し、この締結部材を密封することによってこの締結部材の腐食を防止する防食構造であって、
前記被覆部材が装着される箇所の前記被締結部材の表層から腐食生成物を除去するために、この被締結部材の表層を切削処理した切削処理部を備えること、
を特徴とする防食構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT