伝送シート、伝送ユニット及びそれらを備えた非接触電力伝送システム

開放特許情報番号
L2019001250
開放特許情報登録日
2019/8/20
最新更新日
2019/8/20

基本情報

出願番号 特願2013-541824
出願日 2012/10/31
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 WO2013/065752
公開日 2013/5/10
登録番号 特許第5957463号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 伝送シート、伝送ユニット及びそれらを備えた非接触電力伝送システム
技術分野 電気・電子、有機材料、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 伝送シート、伝送ユニット及びそれらを備えた非接触電力伝送システム
目的 高静電容量であって高伝送効率を実現可能とする結合コンデンサを構成する、非接触電力伝送システムで用いる伝送ユニット及びこの伝送ユニットを構成する伝送シート、並びに、それらを備えた非接触電力伝送システムを提供する。
効果 比誘電率が高くかつ誘電正接が小さい高分子マトリクスに導電性フィラーを添加してなる複合材料を提供できる。高静電容量であって高伝送効率を実現可能とする結合コンデンサを構成する、非接触電力伝送システムで用いる伝送ユニット及びこの伝送ユニットを構成する伝送シート、並びに、それらを備えた非接触電力伝送システムを提供できる。特に、伝送シートについては、筐体(低誘電性絶縁層)の存在下でも高出力を実現する伝送シートを提供できる。
技術概要
送信電極と受信電極とを近接させることにより電力伝送を行う非接触電力伝送システムに用いる伝送ユニットを構成する伝送シートであって、
高分子材料中に導電性フィラーが分散されてなり、前記導電性フィラーの添加量が前記高分子材料の100質量部に対して1〜25質量部であり、周波数100Hzの交流電圧に対する比誘電率が30以上であり、かつ、誘電正接が3以下である複合材料からなり、
前記高分子材料が、天然ゴム及び合成ゴムからなる群より選ばれる1種以上であり、
前記導電性フィラーが炭素繊維である、ことを特徴とする非接触電力伝送システムに用いる伝送シート。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT