膜状蛍光発光体およびその製造方法

開放特許情報番号
L2019001223
開放特許情報登録日
2019/7/24
最新更新日
2019/7/24

基本情報

出願番号 特願2009-265608
出願日 2009/11/20
出願人 国立大学法人神戸大学
公開番号 特開2011-105919
公開日 2011/6/2
登録番号 特許第5327635号
特許権者 国立大学法人神戸大学
発明の名称 膜状蛍光発光体およびその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 蛍光発光体およびその製造方法
目的 膜状の発光体で、しかも発光させたい膜の表面近傍に集中的に発光成分を存在させる方法を見出すと共に、高強度に発光する膜状蛍光発光体を提供する。
効果 発光に寄与する膜表面近傍に希土類元素イオンを存在させたものであるので、少量の希土類元素の使用で効率的に発光する。また、金属酸化物を希土類元素イオンと共にイオンクラスター内部に位置させることができたため、光照射によって金属酸化物が得た光エネルギーを、確実に希土類元素イオンに移行することができ、高強度、かつ高効率に、蛍光を発生させることができた。
技術概要
イオンクラスターを形成し得るイオン交換膜中のイオンクラスター中に、希土類元素イオンと金属酸化物とが存在していることを特徴とする膜状蛍光発光体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT