高張電解質溶液による生体組織の脱細胞化処理方法

開放特許情報番号
L2019001220
開放特許情報登録日
2019/7/24
最新更新日
2019/7/24

基本情報

出願番号 特願2010-030777
出願日 2010/2/16
出願人 国立大学法人神戸大学
公開番号 特開2010-221012
公開日 2010/10/7
登録番号 特許第5610268号
特許権者 国立大学法人神戸大学
発明の名称 高張電解質溶液による生体組織の脱細胞化処理方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 採取した生体組織を脱細胞化する方法
目的 細胞毒性のある化学物質を使用することなく、採取した生体組織からより効果的に脱細胞化処理する方法を提供することを課題とし、脱細胞化された脱細胞化生体組織スキャホールドを提供することを課題とする。さらには、得られた脱細胞化生体組織スキャホールドを担体として調製される生体組織再生材料を提供する。
効果 細胞毒性のある化学物質を使用することなく、また凍結融解処理を行うことなく、効果的に脱細胞化することができる。これにより、脱細胞化処理の際の生体組織に与える化学的、物理的損傷を最小限に抑えながら、効果的に脱細胞化処理を行うことができる。
技術概要
採取した生体組織を、凍結融解処理を行わないで、以下の工程を含む方法により処理することを特徴とする生体組織の脱細胞化方法:
1)採取した生体組織を、0.5〜2Mの塩化ナトリウム溶液または0.5〜2Mの塩化マグネシウム溶液の高張電解質溶液で、14〜42℃の温度条件で処理する工程;
2)上記高張電解質溶液処理後の生体組織を、等張電解質溶液で、14〜42℃の温度条件で処理する工程。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT