膵がん細胞浸潤転移阻害剤

開放特許情報番号
L2019001181
開放特許情報登録日
2019/7/15
最新更新日
2019/7/15

基本情報

出願番号 特願2016-531421
出願日 2015/7/1
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 WO2016/002844
公開日 2016/1/7
発明の名称 膵がん細胞浸潤転移阻害剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 膵がん細胞浸潤転移阻害剤
目的 膵がん細胞の浸潤や転移を特に有効に抑制できる膵がん細胞浸潤転移阻害剤、当該膵がん細胞浸潤転移阻害剤の有効成分であるRNAをコードするDNA、および、当該DNAを含み、膵がん細胞の浸潤や転移の抑制に用いることができるベクターを提供する。
効果 膵がん細胞の細胞膜突起に集積しているmRNAの働きを阻害するものであるため、正常細胞には無害で安全なものであると考えられる。従って本発明に係る膵がん細胞浸潤転移阻害剤、DNAおよびベクターは、膵がん細胞の浸潤転移を安全に抑制できるものとして、非常に有用なものである。
技術概要
配列番号1〜92から選択される1以上の塩基配列を有するRNA(1)を含むことを特徴とする膵がん細胞浸潤転移阻害剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT