腸内細菌活性化飲料

開放特許情報番号
L2019001173
開放特許情報登録日
2019/7/15
最新更新日
2019/7/15

基本情報

出願番号 特願2017-167185
出願日 2017/8/31
出願人 国立大学法人高知大学
公開番号 特開2019-041652
公開日 2019/3/22
発明の名称 腸内細菌活性化飲料
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造
適用製品 海洋深層水を原料に用いた飲料水
目的 腸内細菌を活性化する腸内細菌活性化飲料を提供する。
効果 飲用するだけで腸内細菌の活動を活性化することができる。海洋深層水は、マグネシウムやカルシウム等の主要ミネラルのみならず、微量ミネラルをバランス良く含み、また、清浄で低コストなため、腸内細菌活性化飲料の原料水として好適である。本発明の腸内細菌活性化飲料により、腸内細菌の活動が活性化されるため、腸内細菌の代謝に由来する短鎖脂肪酸、エクオールの生成を促進することができ、これらによる健康促進効果が期待できる。
技術概要
硬度300以上3000以下であることを特徴とする腸内細菌活性化飲料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT