ルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒およびルイス酸・ハロゲン化物

開放特許情報番号
L2019001169
開放特許情報登録日
2019/7/12
最新更新日
2021/2/22

基本情報

出願番号 特願2019-094967
出願日 2019/5/21
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2020-189794
公開日 2020/11/26
発明の名称 ルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒およびルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒による二酸化炭素固定化方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属ハロゲン化物とホスホニウムイリドよりなるルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒およびルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒を用いた二酸化炭素固定化方法
目的 ホスホニウムイリドを含むルイス酸・ハロゲン化物イオン複合型触媒による温和な条件下での二酸化炭素固定化方法を提供する。
効果 アルコキシドが二酸化炭素と反応して生成する炭酸イオン中間体を金属イオンへの配位を利用し安定化することにより、二酸化炭素が取り込まれることによるエントロピー的に不利な工程を容易にし、その結果、効率的な触媒サイクルを構築できる。
技術概要
下記式で表される(ここで、Arはアリール基、Gは水素原子またはメトキシ基)イオン性配位子。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT