粉体ないしは粒子の表面を微細粒子の集まりで覆う表面処理装置

開放特許情報番号
L2019001142
開放特許情報登録日
2019/7/10
最新更新日
2019/7/10

基本情報

出願番号 特願2014-105675
出願日 2014/5/1
出願人 小林 博
公開番号 特開2015-211953
公開日 2015/11/26
登録番号 特許第6345985号
特許権者 小林 博
発明の名称 粉体ないしは粒子の表面を微細粒子の集まりで覆う表面処理装置
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 表面処理、機械・部品の製造
適用製品 粉体ないしは粒子の表面が微粒子の集まりで覆われる処理がなされる表面処理装置
目的 安価な製造費用で、大量の粉体ないしは粒子の表面を、微粒子の集まりで満遍なく覆う汎用的な処理方法となる表面処理装置を実現すること。
効果 粉体ないしは粒子および微粒子の材質と形状の制約の制約がなく、かつ、微粒子の集まりで覆われた粉体ないしは粒子が、安価な製造費用で大量に製造できるため、従来の用途に限らず新たな用途を含めた広範囲な用途に、本発明に基づく処理装置を用いることができる。
技術概要
円筒と回転体と微粒子の集まりを連続噴射する噴射手段とからなる3種類の部品が容器内に配設され、微粒子の集まりを連続噴射することよって、粉体ないしは粒子の表面に衝突した微粒子が、摩擦力で粉体ないしは粒子に吸着し、粉体ないしは粒子への微粒子の吸着が繰り返されることで、粉体ないしは粒子の表面が微粒子の集まりで覆われる処理がなされることを特徴とする表面処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 円筒と回転体と微粒子の集まりを連続噴射する噴射装置とからなり、回転体を回転させると、容器内の大気は、円筒の内側と外側とを、上下方向で互いに反対方向に旋回する一対の旋回流が循環し、該旋回流とともに粉体ないしは粒子の集まりが容器内で循環し、円筒に設けられたメッシュフィルターを通過した粉体ないしは粒子に対し、微粒子の集まりを連続噴射することによって、粉体ないしは粒子に衝突した微粒子が摩擦力で粉体ないしは粒子に吸着する。こうした粉体ないしは粒子への微粒子の吸着を繰り返し、粉体ないしは粒子を微粒子の集まりで覆う装置である。

登録者情報

登録者名称 小林 博

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT