複酸化物の製造方法

開放特許情報番号
L2019001135
開放特許情報登録日
2019/7/10
最新更新日
2019/7/10

基本情報

出願番号 特願2010-253493
出願日 2010/11/12
出願人 国立大学法人室蘭工業大学
公開番号 特開2012-101989
公開日 2012/5/31
登録番号 特許第5920685号
特許権者 国立大学法人室蘭工業大学
発明の名称 複酸化物の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 複酸化物の製造方法
目的 高純度の複酸化物を効率良く製造することができ、複酸化物の製造コストの大幅な低減を図ることができる複酸化物の製造方法を提供すること。
効果 高純度の複酸化物を効率良く製造することができ、複酸化物の製造コストの大幅な低減を図ることができる。
技術概要
一般式ATiO↓3 (A=Mg、CaまたはSr)で表される複酸化物の製造方法において、
TiCl↓4 と脱水アルコールとの両液体を混合した混合溶液中にAを投入し、上記脱水アルコールの沸点より1〜10K低い温度で加熱還流を行うことによりAを腐食溶解させる工程と、
上記Aを腐食溶解させた上記脱水アルコールを加水分解する工程と、
上記Aを腐食溶解させた上記脱水アルコールを加水分解することにより得られる溶液のpHを調整することによりAおよびTiを含む沈殿物を生成させる工程と、
上記沈殿物を乾燥させた後、焼成を行う工程とを有する複酸化物の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡に関しては応相談

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT