米菓の品質改良剤及び米菓

開放特許情報番号
L2019001107
開放特許情報登録日
2019/7/8
最新更新日
2019/7/8

基本情報

出願番号 特願2012-043742
出願日 2012/2/29
出願人 日本食品化工株式会社
公開番号 特開2013-179842
公開日 2013/9/12
登録番号 特許第5936880号
特許権者 日本食品化工株式会社
発明の名称 米菓の品質改良剤及び米菓
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 米菓、せんべい、おかき、あられ、柿の種
目的 本発明の目的は、インディカ米を主原料とする米菓に良好な食感を付与すると共に、製造時のハンドリングに好適なドウを形成することができ、更に乾燥、焼成時のひび割れを抑制することができる、米菓の品質改良剤及びそれを含有してなる米菓を提供することにある。
効果 本発明によれば、インディカ米を主原料とする米菓に、特定の加工を施したタピオカ澱粉を含有せしめることによって、米菓特有の軽く、サクサクした食感を付与すると共に、生地調製直後は柔らかく冷却後に硬化する生地物性を付与し、更に乾燥、焼成時のひび割れを抑制することができる。
技術概要
 
漂白タピオカ澱粉、酸化タピオカ澱粉、アセチル化タピオカ澱粉、アセチル化漂白タピオカ澱粉及びアセチル化酸化タピオカ澱粉から選ばれる1種又は2種以上の加工タピオカ澱粉を含有することを特徴とするインディカ米米菓の品質改良剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 実施許諾・譲渡の可否を含む諸条件は、協議の上決定する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT