蛋白質含有飲食品用分散剤及びそれを用いた蛋白質含有飲食品

開放特許情報番号
L2019001105
開放特許情報登録日
2019/7/8
最新更新日
2019/7/8

基本情報

出願番号 特願2012-050927
出願日 2012/3/7
出願人 日本食品化工株式会社
公開番号 特開2013-046605
公開日 2013/3/7
登録番号 特許第5073860号
特許権者 日本食品化工株式会社
発明の名称 蛋白質含有飲食品用分散剤及びそれを用いた蛋白質含有飲食品
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 蛋白質含有飲食品、酸性飲料、乳飲料、乳酸菌飲料、発酵乳、豆乳、スープ、汁粉、飲むヨーグルト、冷菓、ヨーグルト、プリン、ゼリー、飲むゼリー、ドレッシング
目的 本発明は、低コストで、飲食品に対して着色、異味・異臭及び食感の低下を生じることなく、蛋白質粒子の凝集、沈澱、相分離を防止又は抑制可能な蛋白質含有飲食品用分散剤及びそれを用いた蛋白質含有飲食品を提供することを目的とする。
効果 本発明によれば、低コストで、飲食品に対して着色、異味・異臭及び食感の低下を生じることなく、蛋白質粒子の凝集、沈澱、相分離を防止又は抑制可能な蛋白質含有飲食品用分散剤及び蛋白質含有飲食品を得ることができる。
技術概要
 
蛋白質含有飲食品中の蛋白質を分散させる蛋白質含有飲食品用分散剤であって、
カルボキシル基含量が0.4〜1.3質量%の範囲である酸化澱粉を含み、
前記酸化澱粉の10質量%糊液冷解凍試験後における波長620nmにおける吸光度が、1以下であることを特徴とする蛋白質含有飲食品用分散剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 実施許諾・譲渡の可否を含む諸条件は、協議の上決定する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT