送風機

開放特許情報番号
L2019001102
開放特許情報登録日
2019/7/18
最新更新日
2020/1/8

基本情報

出願番号 特願2014-229479
出願日 2014/11/12
出願人 シナノケンシ株式会社
公開番号 特開2016-094830
公開日 2016/5/26
登録番号 特許第6437795号
特許権者 シナノケンシ株式会社
発明の名称 送風機
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 送風機
目的 冷凍冷蔵装置においてファン自身が発熱して除霜を行う除霜運転を必要なときだけ行うことで駆動源の効率改善を実現した送風機を提供すること。
効果 冷凍冷蔵装置においてファン自身が発熱して除霜を行う除霜運転を必要な時だけ行うことで駆動源の効率改善を実現した送風機を提供することができる。
技術概要
駆動源と、
駆動源の回転軸に連繋して回転駆動される複数の羽根を有するファンと、
駆動源側に取り付けられた取付部から対向するファンに向かって磁界を発生させる磁界発生部と、
磁界発生部に近接して対向配置され、ファンに複数のコイルが周方向に一体に組み付けられたコイルユニットと、
コイルユニットに磁界発生部との間で交番磁界が作用する作用状態と交番磁界が作用しない非作用状態とで切り替える状態切替部と、を具備し、
磁束作用面に永久磁石を備えた磁界発生部がワンウェイクラッチを介して回転軸に取り付けられており、駆動源を正逆回転駆動させることで、ワンウェイクラッチが回転軸に連繋して磁界発生部がファンと共回りすることで交番磁界が発生しない非作用状態と、磁界発生部は静止したまま回転軸に対してワンウェイクラッチを空転させることで交番磁界が発生する作用状態とで切り替えられ、
状態切替部は交番磁界の作用状態において、駆動源の駆動によりファンとともにコイルユニットを回転させることで、各コイルに誘導電流が流れて発生した電力が熱エネルギーに変換されて発熱することによりファンが加温されることを特徴とする送風機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT