微生物の培養方法並びに廃水処理方法及び装置

開放特許情報番号
L2019001075
開放特許情報登録日
2019/7/4
最新更新日
2019/7/4

基本情報

出願番号 特願2017-081402
出願日 2017/4/17
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2018-174839
公開日 2018/11/15
発明の名称 微生物の培養方法並びに廃水処理方法及び装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 微生物の培養方法並びに廃水処理方法及び装置
目的 硝酸含有廃水の脱窒処理において脱窒に必要な薬品コストを低減でき且つ余剰汚泥の発生が少ない微生物の培養方法並びに廃水処理方法及び装置を提供すること。
効果 薬品コストの高いメタノールを必要としないか又は添加量を大幅に低減した脱窒処理条件で硝酸を脱窒できる微生物の培養を簡易に行うことができる。
また、硝酸の脱窒に必要な薬品コストを低減でき且つ余剰汚泥の発生を少なくすることができる。
技術概要
脱窒菌が生息する環境の微生物を、硝酸と尿素とが存在する培養液で培養することを特徴とする微生物の培養方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT