生体音測定システムおよびその測定データの校正方法

開放特許情報番号
L2019001072
開放特許情報登録日
2019/7/4
最新更新日
2019/7/4

基本情報

出願番号 特願2017-119490
出願日 2017/6/19
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2019-000520
公開日 2019/1/10
発明の名称 生体音測定システムおよびその測定データの校正方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 生体音測定システムおよびその測定データの校正を行う方法
目的 生体音の測定データの校正を簡易に行うことができる生体音測定システムおよびその測定データの校正方法を提供すること。
効果 生体音測定システムにおいて生体音の測定データの校正を簡易に行うことができる。
技術概要
圧力センサを備えたセンサユニットを被検者の外耳道に装着した状態で、上記圧力センサによって上記外耳道の内圧変化を検出することにより、上記被検者の生体音を測定するように構成された生体音測定システムにおいて、
上記内圧変化の検出結果を用いて上記生体音を測定するための処理を行うモニタリング側ユニットを備えており、
上記センサユニットは、上記外耳道に音響信号を出力可能なスピーカを備えており、
上記モニタリング側ユニットは、上記スピーカから上記外耳道に校正音として周波数が異なる第1および第2の純音が複合された複合音を出力し、この校正音の出力による上記外耳道の内圧変化を利用して上記測定データの校正を行うように構成されている、ことを特徴とする生体音測定システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT