横断地下構造物の構築方法および横断地下構造物

開放特許情報番号
L2019001064
開放特許情報登録日
2019/7/17
最新更新日
2019/7/17

基本情報

出願番号 特願2005-065838
出願日 2005/3/9
出願人 西松建設株式会社
公開番号 特開2006-249735
公開日 2006/9/21
登録番号 特許第3938777号
特許権者 西松建設株式会社
発明の名称 横断地下構造物の構築方法および横断地下構造物
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 横断地下構造物の構築方法および横断地下構造物
目的 パイプルーフを用いて道路、線路などの下を横断して地下構造物を構築する場合において、その施工延長を延ばすこと。
効果 上載荷重によりパイプルーフのたわみが大きくなっても、引張部材で張力を持ったパイプルーフにて上載荷重を受けることにより、パイプルーフ上の地盤を保持して自立させることができる。したがって、パイプルーフをその軸方向に長く形成することができ、地下構造物の施工延長を延ばすことができる。
技術概要
道路、線路などの下を横断して地下構造物を構築する横断地下構造物の構築方法であって、
前記道路、線路などの下を横断するように地盤内にパイプを並列に埋設してパイプルーフを形成するとともに、
このパイプルーフを挟んでその軸方向に対向する位置に地盤に支持される基礎を設け、パイプルーフの端部と基礎とを引張部材で連結して、
前記パイプルーフをその軸方向の両外方に引張部材を介して引っ張って支持しながら、前記パイプルーフ下の地盤を掘削した後、
このパイプルーフ下に地下構造物を構築することを特徴とする横断地下構造物の構築方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 西松建設株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT