自穿孔ボルトおよびその施工方法

開放特許情報番号
L2019001062
開放特許情報登録日
2019/7/17
最新更新日
2019/7/17

基本情報

出願番号 特願2005-004055
出願日 2005/1/11
出願人 西松建設株式会社
公開番号 特開2006-193909
公開日 2006/7/27
登録番号 特許第4310281号
特許権者 西松建設株式会社
発明の名称 自穿孔ボルトおよびその施工方法
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 自穿孔ボルトおよびその施工方法
目的 自穿孔ボルト及びその施工のコストダウンを図ること。
効果 自穿孔ボルトは、中空部を有するボルト本体の先端部において、中空部と連通する外部への貫通孔が形成されたオーガーを装着している。そして、自穿孔ボルトの施工は、ボルト本体を回転押出ししつつオーガーで掘削して地山を穿孔した後、固結材をボルト本体の中空部を通して貫通孔から穿孔内に注入する。これにより、従来のような非常に高価な穿孔ビットを用いないで済むため、自穿孔ボルト及びその施工のコストダウンを図ることができる。
技術概要
中空部を有するボルト本体の先端部に、前記中空部と連通する外部への貫通孔が形成されたオーガーを装着している自穿孔ボルトであって、
前記オーガーは、内空部を有する円錐形状のオーガー本体と、オーガー本体の外面に突設されたスパイラル状のスクリュー刃と、を有し、
前記外部への貫通孔は、前記オーガー本体の周壁に複数形成され、
前記ボルト本体に前記オーガーがネジ結合により装着されて、前記中空部と内空部とが連通していることを特徴とする自穿孔ボルト。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 西松建設株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT