金属板の表面処理方法

開放特許情報番号
L2019001026
開放特許情報登録日
2019/7/2
最新更新日
2019/7/2

基本情報

出願番号 特願2009-037713
出願日 2009/2/20
出願人 大日本塗料株式会社
公開番号 特開2010-188317
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第4908532号
特許権者 大日本塗料株式会社
発明の名称 金属板の表面処理方法
技術分野 化学・薬品
機能 表面処理
適用製品 金属板
目的 複数の処理液間で互いの性能を妨げることなく金属板を処理することができて、目的とする機能を金属板に付与せしめて、表面処理の効果を最大限発揮させることができる金属板の表面処理方法を提供する。
効果 本発明の表面処理方法によれば、処理液の組成選定におけるこれまでの制約を取り払うことができるため、複数の処理液間で互いの性能を妨げることなく金属板を処理することができ、それぞれの処理液が備える機能を最大限発揮させて表面処理金属板を得ることができる。
技術概要
 
金属イオンを含み、金属板に防錆皮膜を形成する処理液を吐出するノズルと、樹脂成分を含み、金属板に樹脂皮膜を形成する処理液を吐出するノズルとを少なくとも備えたインクジェットプリンターを用いて、金属板の表面に2種以上の処理液を塗布して表面処理することを特徴とする金属板の表面処理方法である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大日本塗料株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT